HOME >  婚礼・お祝い >  お祝いごと >  厄払い・年祝い

厄払い・年祝い

厄払い・年祝い

厄とは苦しみや災いという意味です。
男性は7歳・13歳・25歳・42歳・60歳
女性は7歳・13歳・19歳・33歳・37歳
を厄年といって一生のうちで厄にあう恐れのある年とされています。
その中でも、男性の42歳、女性の33歳は「大厄」といいその前後の年を前厄・後厄といって恐れ嫌います
厄払いとは本厄の年の正月や誕生日に友人や親戚を招いてご馳走をするようです。
これはひとりひとりに厄を少しずつ持って帰ってもらえれば災難から逃れる事が出来ると 言い伝えがあるそうです
良いような悪いような・・・(笑)
このページの先頭へ戻る